BLOG
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは、高橋@店長です(‘A`)ノ
今日は「未来日記」というコミックをオススメいたしますー

『未来日記』(みらいにっき)は、えすのサカエによる漫画作品。同名でアニメ化や、『未来日記-ANOTHER:WORLD-』としてテレビドラマ化された。
周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。

ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲーム(内容的にはバトルロワイアル戦に等しい)が開かれていることを知る。

1stとなった雪輝はクラスメイトの我妻由乃が同じく未来日記所有者の2ndであること、自分に対する異常な偏愛を持ったストーカーであることを知る。彼女の協力を経て、連続殺人犯である日記所有者3rd火山高夫に殺される予知(DEAD END)を覆し撃退するが、この「奇跡を超える奇跡」により、雪輝は、他の日記所有者から命を狙われる事になる。そして、雪輝は、由乃や他の日記所有者、クラスメイトや警察官西島の協力を受けながら、この殺人ゲームに立ち向かっていく。

コミックは全12巻となっておりますので、ちょっとした時間に読める作品となっております。アニメ化とドラマ化もされておりますので、この機会に読んでみるのも面白いかもしれませんよ。未来予知の話かと思ったら、実はもっと複雑な話になっておりますので。複雑な世界観の話が好きな方にははまる作品だとおもいます。もちろん当店にも置いてありますので、群馬県のネットカフェ、サイドエボット高崎店で読んでみて下さい。

それではまた後ほど~

ノシ